毛周期を理解してから脱毛処理を進めていこう

脱毛処理をする多くの人は体毛が生えてきた段階で処理を行っていきます。


しかし、体毛が生えてきてすぐに体毛の処理をすることは実はそれほど効率的な行為とはいえない側面が存在するのです。

なぜこのようなことが言えてしまうのかというと、人間の体毛は一定の周期によって成り立っているからです。

体毛は周期に合わせた処理を行わなくてはなりませんので、体毛が少し生えた段階での処理は毛周期のタイミングで言えば少し早すぎます。


成長してある程度体毛の長さが整った段階で処理を行えば体毛の毛周期のサイクルを遅くすることができますので、専門的な施設や店舗では必ず毛周期を気にしながら体毛の処理を行うようになっているのです。実は、毛周期に関して人間の体毛のあらゆる部分に関して共通にいえますので、髪の毛に関しても全く同じことがいえます。


髪の毛の抜け毛が進行して生えてこなくなるのは、髪の毛の周期が休止期でずっと止まってしまっているからにほかなりません。つまり、髪の毛の成長のサイクルがうまく機能していない状態になっているわけです。

脱毛処理をする際にもこの原理を利用すれば体毛の成長速度を遅くすることができるので、旧式で体毛の成長が止まるようにすれば必ず体毛の成長速度が落ちて美肌に貢献させることができるようになります。脱毛処理は少しの工夫でより良い仕上がりにすることができるということを知っておく必要があります。これは素人であってもできますのでほんの少しの注意で実現できるのです。

脱毛サロンにいくと肌が綺麗になってツルツルになります。

脱毛サロンに行ったことがないという人も、話を聞くと安心して処理ができます。

自分でムダ毛の処理をしている人も多いですが、毛根から処理ができて黒いブツブツになったり、肌が荒れる原因になります。

自分で処理をしてトラブルが起こった場合には、脱毛サロンに行って処理をしてもらうと良いです。



ワキは自分では見えにくく、肌も柔らかいことから綺麗に処理をするのが難しいところです。

傷ができたり、その部分からばい菌も入ったりするので、何かあった場合にはすぐに自分で処理絵を止めた方が良いです。
背中も自分では手が届かない場所なのですが、産毛が生えてくるので、露出が多くなって、水着を着る機会がある夏場などは綺麗にしておきたい場所です。
脱毛サロンの数は多いのでどこが良いか迷ってしまうところですが、事前にできる無料カウンセリングを行うことで、どこのサロンが良いか判断ができます。


カウンセリングの際には自分が気になるムダ毛のことや、料金のことも聞いてみましょう。


脱毛サロンには医療レーザーを使うところと光を使った方法があり、医療レーザーは専門の免許があるクリニックでしか行えないので効果が高いですが、その分痛みを感じる人もいます。
光を使った方法では多くのエステサロンで行われている方式で、照射する範囲が広い都いうことで、短い時間で終了します。



エステサロンの数は多いので、通いやすい場所にあります。


脱毛を行う方法は主に4つあります。

自分で脱毛するのはなかなか大変で仕上がりも満足できるものではないという人は、エステサロンや美容クリニックで脱毛を行うことが多いです。

まず、1つ目が電気を用いた方法です。
これは、海外では100年以上前から行われています。1本ずつ処理するので、確実に効果を実感できますがスベスベな肌を手に入れるまでには時間がかかります。
次に2つ目は、ワックスを用いた方法です。これは、ワックスを顔以外のところにはなりますが塗って産毛なども一緒に処理することができるというものです。この方法は、古い角質も一緒に取り除くので透明度の高い肌を手に入れることができます。

そして、3つ目は、光を用いた方法です。

この方法は、光線を使うので目を保護するために保護用のサングラスをします。


これは、一度にまとめて何本も処理することができるので期間としては割と短い間で行うことができます。
最後に、4つ目は、医療用のレーザーを用いた方法です。

これは、レーザーの光から目を守るためにサングラスをして、かなり大きなエネルギーで施術をすることになります。
そのため、長期的に効果を実感することができます。
これらの4つの脱毛の方法の中から、自分はどんな方法で処理を行いたいのかを選んでそれぞれの施術を受けることができるエステサロンや美容クリニックに行ってみると、納得できる脱毛を行うことができるかもしれません。

それぞれのメリットやデメリットも自分で把握することも大切であると言えます。

脱毛は一般的にはムダ毛の処理をすることで、様々な方法があります。

一番簡単ですぐにきれいになる方法としては、物理的に引っ張って抜く方法があります。毛抜きや広い範囲を短時間で脱毛できるブラジリアンワックスなどがこれにあたります。


従来は自宅で処理する方が主流でしたが、永続性の高い脱毛法が米国経由で輸入されたことにより、美容クリニックやエステサロンで施術を受ける事が現在では一般的になりつつあります。

唯一永久脱毛効果が認可されているニードル法はプローブと呼ばれる電気針を使用して微弱電流で毛乳頭を破壊し再生能力にダメージを与える方法で、最も完成度が高いのが特徴ですがスキルのいる手作業で時間もコストもかかるため、今ではむしろ選択光を利用したレーザーやフラッシュが主流です。

もともとレーザーは皮膚疾患のために医療用として開発されましたが、メラニン色素に反応する性質があるため、脱毛に転用されるようになりました。


照射をするだけで毛根がダメージを受け抜けおちていくのが特徴です。

クリニックでのみ施術が許可をされていますが、同じ原理のマシンを素人でも扱えるよう出力を抑えたものがフラッシュ方式です。

仕上がりの完成度の高さだけでなく、施術中痛みなどがあまりなく快適なことや美肌効果もあることなどもこれらの方法の需要が伸びた原因のひとつです。
ただうち漏れがないようにするためには一定の期間をあけて数回同じ部位に照射を行う必要があります。

自宅脱毛で根強い人気となっているのが、毛抜きによる方法です。

カミソリや脱毛クリームとは違い、ある程度奥のほうから毛を取り除くことができますので、再びムダ毛が生えるまで時間がかかったり、綺麗に抜けているように見える、ある程度回数をこなせば、二度と生えてこない状態にできるなどのよさを持っています。

ですが、脱毛サロンやクリニックを利用中に、毛抜きによる自己処理は行わないようにするのが一番です。

毛抜きで毛を抜いてしまうと、毛が生えるまで時間がかかるという特徴が関係して、毛周期が狂いやすいという欠点が出てくるからです。

サロンやクリニックでは、効率よく施術を行うために、必ず毛周期にあわせて実施します。毛周期とは、毛が成長する時期、毛が抜け落ちる準備に入った時期、毛が抜け落ちて生えていない時期を何度も繰り返す状態のことを指します。

サロンやクリニックでは、光機器やレーザー機器を用いて施術を行います。

これらの機器は、毛が成長する時期に対してよく反応するようになっています。


その時点で別の時期にあるムダ毛については、施術を受けてもすぐに生えてくるのが普通となっており、この生えてきたムダ毛に対して、次回以降の施術で取り除いていくようになります。

このタイミングで毛抜きで抜いてしまうと、次回以降の施術で抜いた部分の毛に対して、光機器やレーザー機器が上手く反応できなくなります。

大阪の脱毛情報について考えます。

なかなかムダ毛がなくならない事態に陥りますので、注意するようにしましょう。

Copyright (C) 2016 毛周期を理解してから脱毛処理を進めていこう All Rights Reserved.